冷蔵庫の野菜室に掃除穴がある東芝のベジータ

東芝の最新の冷蔵庫「ベジータ」が人気のようです。ヒルナンデスでも紹介されていました。

なんとその冷蔵庫、野菜室に掃除用の穴があるとのこと。

どうやって使うのでしょうか?

冷蔵庫の野菜室に掃除穴がある東芝のベジータ

まず、東芝のベジータの野菜室は真ん中です。

最近は一番下にあるのが主流なようですが、私は断然真ん中派。冷凍よりも野菜室の方が開け閉めの頻度高いですし、大根やカボチャなどの重たい野菜を、しゃがんで取り出すのは大変ですよね。夏にスイカを冷やすことが多いですが、大きなスイカを持ち上げるのは嫌です・・・。

なので、まず野菜室が真ん中にある時点で、かなり高評価!!

さて、では本題の掃除穴についてです。

この冷蔵庫、野菜室に直径3センチほどのふたのある穴があります。

ふたを開けるとぽっかり穴が空いていて、そこにゴミを流せるというわけです。野菜室の下にゴミ箱を置いて、ゴミを流せるという画期的なアイデアなんです。

我が家ではいつも野菜室に新聞紙を敷いています。野菜くずや砂で汚れたら新聞紙を捨てるだけなので簡単。

でも、新聞紙を捨てたあと、どうしても角っこに砂やくずが残ってしまうんですよね・・・。

ティッシュを濡らして拭き取ろうとしても、なかなか完全に取りきれません。見て見ぬふりして上に新しい新聞紙をかぶせることもあり・・・。

それが、この掃除穴があれば、簡単に穴に流すだけで掃除できてしむんです。新聞紙とこの掃除穴を併用すれば、今よりも簡単にお掃除ができるのでいいですね♪

まとめ

冷蔵庫はすぐに汚れるのでお掃除のしやすさが重要ですよね。

野菜室へのこだわり
・野菜室が真ん中にある
・野菜室の掃除が簡単

この2つにこだわりがある方にはオススメの冷蔵庫かと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です