おしりたんていの映画を見てきました

子どもたちが大好きなおりしたんてい。

このGWついに待望の映画が公開されたので、さっそく家族で見に行ってきました~!

映画館の混雑状況や映画の感想などをまとめておきます。

おしりたんていの映画:当日朝の予約でOK


我が家はGW中に見に行きました。

映画は、いつもは家の近くのイオンに見にいくのですが、なんとこのおしりたんていの映画は上映されていないとのこと!上映されない映画に初めて出会いました・・・。

人気ないのかな?おしりたんていなのに?と思いながら、上映している映画館を探すことに。

すると、少し家からは離れていますが、行ける距離の映画館を見つけました。車でわざわざ行かないといけない距離ですが、子供たちがどうしても見たいというので仕方ありません・・・。

そこの映画館はネットで座席の予約ができるので、前売り券は買わず当日朝にチケットを予約しました。

GW中だったので混んでるだるだろうなと思っていたのですが、朝の時点では座席予約はガラガラ。5分の1ぐらいしか埋まっていませんでした。

当日朝の予約にも関わらず、家族4人で後方の真ん中あたりに連続で座席を確保。ラッキー♪

それにしてもなんでこんなに空いているのかな?

おしりたんていって人気あるはずじゃ・・・??

疑問に思いつつも、いざ映画館に向かいました。

おしりたんていの映画:東映まんがまつり

上映時刻10分前に映画館に到着。

客層は、園児や小学校低学年連れの家族ばかりのようです。わりとわりとザワザワしている感じ。

安心してポップコーンをポリポリ食べることができそう(笑)

子ども向けの映画って、静かにしなきゃ!っていう緊張感がないからいいですよね。子どもが急にトイレって言っても移動しやすいし。大人向けの映画ではそうはいきませんので。

今回のおしりたんていは、実は単独の映画ではなく「東映まんがまつり」の中の1つでして、同時に4つのまんがが約1時間半で上映されます。

・うちの3姉妹
・爆釣りバーハンター
・りさいくるずー
・おしりたんてい

の順に上映されます。それぞれ20分ほどずつで、おしりたんていは一番最後です。

同時上映ということを知らずに行ってしまったので、おりしたんていはまだかまだかと待ち遠しかった!!

でも、他の3本のまんがが意外にも面白くて、大人でも楽しむことができました。

うちは小学校3年と5年の子どもを連れていったのですが、どちらの年齢でも楽しめました。

特に男の子には「爆釣りバーハンター」というちょっと下品ないかにも子供が好きなまんががバカ受け!!ギャグが流れるたび、終始そこら中で笑い声がしていました。

おしりたんていだけしか見れないっていうお子さんでも、きっと飽きずに見れると思いますよ~。

おしりたんていの映画:全国20万セット限定の入場者プレゼント

今回この「東映まんがまつり」を見ると、20万セット限定の入場者プレゼントがもらえます。

我が家も家族4人分もらえました。

まんがのシールやペーパークラフトなど、結構充実した内容でした。家に帰ってからたっぷり遊べます。

全国で20万セット限定のようなので、どうせ見るなら早めに行った方がいいかも♪

おしりたんていの映画:カレーなる事件

映画のお話は「カレーなる事件」というお話でした。

子どもも大人も楽しく見ることができました。時間は20分ほどです。

テレビとほぼ同じ流れで、途中で何かを探させたりと飽きないようになっています。

テレビでは最初に流れる歌が、映画では最後にエンドロールとして流れます。映画館で聞くあの歌はまた違った味があって良かったです。

すでに絵本が発売されているんですね、知りませんでした!
>>おしりたんてい カレーなるじけん

おしりたんていの映画:まとめ

今回のこのおしりたんていの映画は、結論、子供も大人も家族全員で楽しめる映画でした。

中学生や高校生でも楽しめるかも。

同時上映の他のまんがも面白く、私なんかは、おしりたんていよりも「うちの3姉妹」の方が気に入ってしまいました。

限定プレゼントをゲットするためにも、早めに見にいくのがオススメです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です