初めての刺し子。花ふきんを初めて仕立てました

刺し子初心者の私、初めての花ふきん作りに挑戦します。

刺し子は本当に初めてなので、花刺しという図案がプリントされている花ふきん布パックというキットを買うことにしました。

刺し子用の針も糸もセットされているので、すぐに始めることができました。

まず最初の工程は「仕立て」です。

「仕立て方」について簡単な説明書は入っているのですが、それだけでは初心者には分からなかった点が多くありました。なので、ここでは、忘れないように仕立て方をまとめておくことにします。

刺し子花ふきんの仕立て方

今回使った刺し子キットはコレです↓↓

>>刺し子 花ふきん布パック 花刺し(白)

「花刺し」という大き目の図案がプリントされています。初心者にはまずこのぐらい大きなデザインがいいですよね♪

布を中表に裏返す

ふきんは最初、外表(=図案してある面が外側)で半分に折った状態です。

これを広げて裏返し、中表(=図案してある面が内側)にして半分に折ります。

1辺のみ「わ(輪)」で、それ以外の3辺はとじていない状態になります。

「わ(輪)」の向いの辺を縫う

次に、「わ(輪)」の向いの辺を縫うための準備をします。

まずは「わ(輪)」の向いの辺の図案の外枠から1.5cmのところに、線を引きます。横着な私は普通のエンピツで線を引きました。多少ガタガタになっても気にしないで大丈夫です。

引いた線の上を白い糸で縫います。オススメの糸が本当はあるのかもですが、私は家にあった普通の手縫い糸で縫いました。

縫うときは、2枚合わせて端から端まで普通にジグザグ縫っていきます。私はかなり細かく縫いました。

線の外の余分な部分を切リ落とす

縫った線の外側(端っこ部分)を、1cmほど残して切落とします。

適当にハサミでジグザク切っても大丈夫です。あとで裏返すので、ジグザグ部分が見えなくなります。

布を外表に裏返す

次に、布を外表に裏返します。

そうすると、向かい合う1対の辺だけ「わ(輪)」となったい状態になります。もう1対の向かい合う辺は縫っていないので、穴が空いている状態です。

これで仕立ては完成

これで仕立てが完成です。

次は、いよいよ外枠から刺していくことになります♪この時点で早く次を刺したいというワクワクが止まらない私。

刺し子ってなんて楽しいんだ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です