目立たない&防犯性の高いランドセルの鍵カバーケース

子供たちが学校に行くとき、ランドセルに家の鍵を持たせています。

今までは、フタを開けたところのチャックの中に、伸びるリールとつないで持たせていましたが、それだと、いちいちランドセルを下ろさないといけないので面倒臭い・・・とのこと。

そこで、ランドセルを下ろさなくても簡単に鍵を取り出せるものを探してみることに。

ありました!

ナスカンに取り付けられる鍵ケース!

これならすっと鍵を取り出すことができます。楽ちんそう。

目立たない&防犯性の高いランドセルの鍵カバーケース

ランドセルカギリターンズ

買ったのは「ランドセルカギリターンズ」という名前の商品です。

>>ランドセル カギリターンズ

兄と妹用に2色を購入。

値段は1000円弱です。

取り付け方

取付かたは簡単で、ナスカンに引っ掛けて、さらにマジックテープでぐるりと固定するだけ。


妹のランドセルに取り付けて、その後、兄のランドセルにもつけようとしたら・・・

兄のランドセルにはナスカンが無い!!( ゚Д゚)

妹のはセイバンの天使の羽ですが、兄のは池田屋のランドセル。

池田屋のランドセルは徹底したシンプルさが売りなので、ナスカンも無いのでした・・・。今気づきました。

そこで、兄の方は、マジックテープだけで固定することに。

わりとしっかり固定できたので良かったです(^_^;)

取付け完成

これで完成です↓↓

ランドセルと同色なので、鍵が目立たず防犯性が高いです。

子供が好みそうなすみっこぐらしのケースもあったのですが、柄が悪目立ちして、いかにも鍵持ってます!って感じになりそうだったので、この無地のを選んで正解でした。

鍵の取り出し方

鍵の取り出し方も簡単です。

ケースの下部分が、ベリベリで簡単に開閉できるようになっています。

ランドセルを下ろさず、背負ったままそのベリベリをはがし、

そして、中の鍵は伸びるリールにつながっているので、それを片手で伸ばすだけです。

すごく簡単なので、低学年の子でも使えると思います。

ランドセルカギリターンズのデメリット

すごく便利で簡単なこの鍵ケースですが、1つだけ難点が。

それは、鍵を外しにくいということです。

一度家に帰ったあと鍵を持ってお出かけするときに、鍵を外しにくいんです。

なので、我が家では、中のリールを簡単に外せるキーホルダーに変更しました。

最初からついているリールのは外しにくいので、ここだけ注意が必要です。

難点はあるものの、

ランドセルを下ろさなくてよくなったので、子供たちは喜んでいます。

1000円弱でリールが切れるまでは何年も使えそうなので、買ってよかったです(^^♪

6色ぐらいあるので、ランドセルの色に合わせられます↓↓
>>ランドセル カギリターンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です