【40代白内障】夫が白内障になり日帰り手術。初期症状や術後の様子

生活

40代の夫が白内障になってしまいました(/o\)

原因は不明なのですが、ある日突然、片目が白くぼやけて見えるようになり、検査すると白内障だと判明。

40代という若さで白内障は珍しいそうで、本人もショックを受けていましたが、手術すればよく見えるようになるとのことで、手術を受けることになりました。

白内障の初期症状

それはある日突然でした。

夫が月に数回行っている釣りで片目を怪我してしまい、眼科に行ったんです。

傷を見てもらったあと、そういえば、最近視界がちょっと白くぼやけていたので視力検査することに。

もともと目がよくて、いつも1.2ぐらい見えていたんですが、その時はなんと左目が0.2しか見えていませんでした。

そして検査をすると、なんと白内障だと判明。

総合病院に行って精密検査をするようにすすめられました。

白内障の原因

白内障の原因は、はっきりコレとは言えず不明だそうです。

一般的には紫外線とかブルーライトとかよく言われているようですが、

確かに、夫は、釣りにサングラスなしで行ったり(水面反射がすごく眩しい)、子供たちと野球をしたり(見上げたときにまぶしい)、スマホゲームを長時間したり。

思いあたることはありますが、それらが原因なのでしょうか。

とりあえず、しばらくこれらは禁止にしました。

白内障手術

総合病院で精密検査を受けた結果、やはり手術が必要だと言われました。

手術で置き換えるレンズですが、調べてみたら、

・単焦点眼内レンズ
・多焦点眼内レンズ
・乱視矯正眼内レンズ

があるようですが、

この病院では単焦点眼内レンズしか選べないそうで、まぁ、単焦点眼内レンズは一般的で、値段も保険適用だそうなので、どの道このレンズを選んでいたとは思います。

そして、

すぐ手術はしてもらえると思っていたら、コロナの影響で空きがなく、なんと2カ月後しかできないとのこと。

そのまま2カ月待つことになりました。

2か月後、

手術4日前から、1日3回目薬を差すように言われました。朝昼晩の3回。

前日にはPCR検査を受けて陰性であることを証明。

そして当日。

手術の2時間前に病院に着き、1時間前から目薬を何回か差してもらい、そして、万が一に備え、いつでも点滴ができるように腕に針が通されました。

夫以外にも白内障の手術の人がたくさんいたみたいで、皆、目薬りを差して待機されていました。ほとんどが高齢者で、うちの夫だけ若くて目立っている感じ。

そして、いよいよ手術室へ。

手術時間は30分程度で、手術室から車いすで出てきました。

左目にガーゼと透明のプラスックカバーをあてられて、痛々しい。

その後、しばらく座って待機して、再度検査。

術後1時間ほどで帰宅OKと言われました。

白内障手術の費用

手術代は4万5千円ほどで、その前後の検査が数回1000円弱。

目薬代などを合わせて、

合計5万円ほどかかりました。

単焦点眼内レンズを選んだのでこの値段でしたが、多焦点眼内レンズや乱視矯正眼内レンズなどを選ぶとかなり高額になるそうです。

今回の病院では単焦点眼内レンズしか選べないと言われたので、選択の余地はなかったのですが。

白内障手術後の見え方

術後の診察は、手術翌日と翌々日、1週間後の3回。さっと検査するだけですぐ終わります。3回目のときに「今後はかかりつけの眼科に行ってください」と言われました。

術後の過ごし方は、

術後2日間は、ガーゼとプラスチックカバーをつけたまますごしました。

車の運転は2日目からOK。

洗髪は3日目からOK。

そして、しばらくは夜寝るときだけはカバーをつけるように言われました。昼間はガーゼすらしなくてもいいよと言われましたが、ちょっと怖かったです。

でも、3日目から仕事に行かないと行けなかったので、ガーゼはせずに行きました。

見え方ですが、めちゃくちゃよく見える!と感動していました。見え過ぎて、反対の目が見えない気がするとのこと。

実は、反対の目も白内障の気があるそうで、いつかまた手術が必要かもしれないと言われています・・・(-_-;)

とりあえず1週間もすれば違和感もなく、いつも通り過ごせるようになったので、手術してよかったです。

タイトルとURLをコピーしました