こどもが滲出性中耳炎。プールや川や海などは大丈夫?耳栓は必要?

こどもが滲出性中耳炎のため、先日手術をして両耳にチューブを入れています。

手術をしてから半年ほど経ちますが、もうすぐ、学校のプールの授業が始まります。

チューブを入れたまま入っても大丈夫なのか、

川・海・プール、どれでも入って大丈夫なのか、

病院の先生に聞いてきました。

滲出性中耳炎のこどもは、川・海・プールどれも入って大丈夫?

耳鼻科の先生に相談したところ、

・海⇒絶対NG。ばい菌の宝庫なので危険。
・川⇒きれいな清流とかならOK。問題なし。
・プール⇒ダメ。ただし学校のプールは仕方ないので耳栓をすればOK。

とのことでした。

もうすぐ暑い夏。

こどもは海や川が大好きなので、今年は清流のある場所にお出かけしなければいけないようです。

※追記:後日、和歌山県のたまゆらの里に行きました。とってもきれいな清流が流れていて、滲出性中耳炎でも安心して川遊びできました♪

たまゆらの里口コミ | お得な料金タイプの部屋に家族4人で宿泊しました

2017年8月18日

滲出性中耳炎のこども、オススメの耳栓

耳栓をしっかりすれば学校のプールに入れるとの事。

耳栓を探した結果、一番クチコミ件数があったこの耳栓を買いました。
>>防水耳栓 サイレンシア

この耳栓は、耳の奥までしっかり入ります。

自分で付け外しできるよう何度も練習させて、家のお風呂に潜らせてみました。

本人いわく、水はほとんど入ってこない、だそうです。ほとんどって・・・と思い、耳の中を触ってみたら、本当にほとんど濡れていませんでした。

これなら安心して使えそうです。

ただ、耳栓が気になるのかずっと耳を触るクセがあったので、しっかり注意をしました。余計に触ったりすると、途中で落ちてしまう可能性がありそうです。

そこで、耳栓の上からおさえることのできるバンドを買ったのですが、暑苦しいと言って使ってくれませんでした。
水泳用ヘッドバンド「イヤーバンディット」

暑苦しいというより、その見た目が気になって嫌だったようです。

ちなみに、このバンドには専用の耳栓がついています。

その耳栓は粘土のような素材でできているため、耳の穴の小さな子供にも沿うように、形を変えてグッとふたをすることができます。

ただ、レビューを見ていると、「あまりに密着するため耳にカスが残って耳鼻科で取ってもらった」などの気になる口コミがあったので、私は使わない事にしました。

確かに、使ってみると、本当に耳にひっついて残りそうな粘り具合です。我が家ではこれは使わないようにしています。

結局、水泳の帽子を深めにかぶれば耳栓がちょうど隠れたらしく、バンドを使わなくても、それで大丈夫だったようです。

まとめ

最後にもう一度まとめておくと、

滲出性中耳炎のこどもが水遊びを楽しむには、

海⇒絶対NG。ばい菌の宝庫なので危険。
川⇒きれいな清流とかならOK。問題なし。
プール⇒ダメ。ただし学校のプールは仕方ないので耳栓をすればOK。

どうしても入る場合には、必ず耳栓を!とのことです。
>>防水耳栓 サイレンシア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です